妊活ダイエットで妊娠力アップ!

食事の改善とウォーキング

一人目の子供を出産してから二年後くらいから第二子を希望して一年程タイミングをみていましたがなかなか妊娠せず、人工授精も行いましたが撃沈。
第一子のときはスムーズに妊娠したので、これは加齢のせいと、体質が変わってしまったせいだろうと考え、体質改善のためにダイエットをする必要があると考えました。
第一子の産後、授乳により体重は戻っていましたが断乳後も同じ食事量で続けていたため、5キロほど増加している状態でした。

 

かといってこれから妊娠をしたいという状況なので、無理な食事制限などをすると余計に妊娠しにくい体になってしまうだろうと思い、栄養のバランスには気を付けていました。
具体的には朝は小松菜、バナナ、ケール、洋ナシ、リンゴ、牛乳、豆乳などの中からその日の気分に合わせてスムージーを作り、それを飲みました。
それまではパンにジャム、ご飯にふりかけ、など炭水化物メインのメニューだったのでカロリーもかなり減り、1か月たつ頃から便通もスムーズになって来ました。

 

また必ず毎日最低30分は早歩きでウォーキングをするようにしました。
3か月ほどたつ頃に10キロ歩くような日もありました。
運動不足が解消されると、毎月4,5日前後していた排卵日が安定するようになり、高温期の期間も14日で安定するようになりました。
ホルモンバランスが整ってきたのを実感しましたし、妊娠のタイミングも計りやすくなりました。

 

また友人との食事会などでかなりの高カロリーメニューを摂取する予定があるときには事前にファンケルのカロリミットを飲むようなこともありました。
ただいつ妊娠してもいいように、ピジョンの葉酸とカルシウムのサプリも欠かさず飲むようにし、ダイエットにより栄養素が不足しないように心掛けていました。
半年で5キロ戻し、第一子の妊娠前と同じくらいの体重までもどった頃に第二子を無事に妊娠することができました。

 

階段を上るだけで息切れしているような状況だったのが、しっかり基礎体力をつけてから妊娠することができたので、つわりの時にもあまりばてずに済んだかと思っています。
妊活のために極度にカロリーを減らしてしまう人もいるかもしれませんが、栄養が偏っては余計にホルモンバランスも崩れて妊娠しにくくなってしまうと思うので、運動を根本に、野菜や良質なたんぱく質を多くとり、炭水化物を少なめにする、妊娠のために必要なサプリは欠かさず飲む、などの点に気を付けることが大事だと思っています。

 

ぽこちゅぬママ・30代前半